Departmental Bulletin Paper 社会福祉協議会による子育てネットワークの意義
シャカイ フクシ キョウギカイ ニヨル コソダテ ネットワーク ノ イギ
Significance of the child-rearing networks by Social Welfare Councils

東根, ちよ  ,  ヒガシネ, チヨ  ,  Higashine, Chiyo

19 ( 2 )  , pp.157 - 167 , 2018-03-01 , 同志社大学政策学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク セイサク ガッカイ , Alternative:The Policy and Management Association of Doshisha University
ISSN:18808336
NCID:AA11408121
Description
阿部茂行教授退職記念号
研究ノート(一般)(Note)
本稿では社会福祉協議会による子育てネットワークの意義を検証するため、市内に3つの子育てネットワークが存在する新宮市を事例に、社会福祉協議会、要保護児童対策地域協議会、子育て支援センターによる各子育てネットワークの担い手の相違と関係性を検討した。その結果、社会福祉協議会による子育てネットワークは他に代替され得る性質のものではなく、相互に補完し合いながら、重層的に要保護児童、子育て家庭、地域住民に対する支援を行っていく性質を有することが示唆された。
The paper clarifies the significance of child-rearing network by social welfare council. Specifically, in the case of Shingu City, examined the differences and relationships among the carriers of each child-rearing network by the Social Welfare Council, the regional council for children in need of protection at the local governments, and the Child Care Support Center. As a result, it was suggested that the child rearing network by the social welfare council has properties complementing each other with other networks.
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/25994/019019020015.pdf

Number of accesses :  

Other information