紀要論文 地域文化政策の実践と展望 : 滋賀県近江八幡市仲屋町を事例として
チイキ ブンカ セイサク ノ ジッセン ト テンボウ : シガケン オウミ ハチマンシ スワイチョウ オ ジレイ トシテ
Practice of regional cultural policy and perspective : case study of Suwai District of Omihachiman City, Shiga Prefecture

井口, 貢  ,  望田, 友加  ,  イグチ, ミツグ  ,  モチダ, ユカ  ,  Iguchi, Mitsugu  ,  Mochida, Yuka

19 ( 2 )  , pp.147 - 156 , 2018-03-01 , 同志社大学政策学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク セイサク ガッカイ , Alternative:The Policy and Management Association of Doshisha University
ISSN:18808336
NII書誌ID(NCID):AA11408121
内容記述
阿部茂行教授退職記念号
研究ノート(一般)(Note)
本稿の目的は、滋賀県近江八幡市仲屋町における実践的活動をもとに暮らしの中にある生活文化資源の重要性が地域住民の中で内在化される過程を明らかにすることである。生活の中にある地域の文化資源を活用して、地域の自律につながる公共政策もまた地域における文化政策であるということを論じた。
The object of this thesis is to clarify the process of internalization of the importance of cultural resources living in local residents based on practical activities in Suwai district, Omihachiman City, Shiga Prefecture. This study is mentioned, with utilizing the local cultural resources in daily life, public policy leading to local self-governance is also cultural policy in the community.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/25993/019019020014.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報