紀要論文 スマートフォンの片手操作時における照度センサを用いたジェスチャ認識
スマートフォン ノ カタテ ソウサジ ニオケル ショウド センサ オ モチイタ ジェスチャ ニンシキ
Gesture recognition using built-in illuminance sensor for one-hand operation of smartphone

山下, 大輔  ,  間, 博人  ,  山本, 泰士  ,  三木, 光範  ,  ヤマシタ, ダイスケ  ,  アイダ, ヒロト  ,  ヤマモト, タイシ  ,  ミキ, ミツノリ  ,  Yamashita, Daisuke  ,  Aida, Hiroto  ,  Yamamoto, Taishi  ,  Miki, Mitsunori

58 ( 4 )  , pp.196 - 201 , 2018-01-31 , 同志社大学ハリス理化学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ハリス リカガク ケンキュウジョ , Alternative:Harris Science Research Institute of Doshisha University
ISSN:21895937
NII書誌ID(NCID):AA12716107
内容記述
近年,コンピュータの直感的な操作としてジェスチャ認識に注目が集まっている.専用のジェスチャ認識機器のみでなく,モバイル端末を用いたジェスチャ認識の研究がある.しかし,追加機器が必要であることや,カメラを用いることで消費電力やプライバシーの問題が発生するなどの課題がある.本研究では,モバイル端末内蔵の照度センサを用いたハンドジェスチャ認識手法を提案する.端末表面の明暗変化を取得して,ハンドジェスチャ認識を行う.モバイル端末内蔵の照度センサを用いることで,追加の機器を必要とせず,消費電力やプライバシーも考慮したハンドジェスチャ認識を実現した.本論文で提案するハンドジェスチャ認識は,訓練データを用いた学習によって行う.提案手法における認識精度の検証を行い,正確なハンドジェスチャ認識が可能であることを確かめた.未知のデータに対する検証において、平均97.5%の認識精度を確認した.提案手法は、手袋装着時等のタッチ操作が容易に行えない状況を想定する.提案手法は、想定状況において有効である.
Gesture recognition, which allows intuitive operation, has drawn attention in recent years. While the development of a dedicated gesture recognition devices advance, there are studies on gesture recognition also among research using mobile devices. However, there is a problem in hand gesture recognition using mobile devices. It is in the power consumption issue,privacy issue and need for additional devices. This paper proposed to perform hand gesture recognition using an illuminance sensor built in mobile device. It is a hand gesture recognition method which requires neither dedicated hand gesture recognition equipment nor additional equipment and takes into account power consumption and privacy issues in comparison with a method employing image recognition using a camera. The recognition accuracy under this method was verified given unknown data, users, and lighting environments to confirm its effectiveness. In the verification for unknown data, recognition rate of 97.5% on average was confirmed. For example, it is assumed that a touch operation such as glove attachment can not be performed. The proposed method is an effective method in the assumed situation.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/25941/023058040005.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報