紀要論文 イライザ・タルカット(Eliza Talcott, 1836-1911)の岡山における活動 : 19世紀末における在日アメリカ女性宣教師による社会改良活動理解の試み
イライザ タルカット Eliza Talcott, 1836-1911 ノ オカヤマ ニオケル カツドウ : 19セイキマツ ニオケル ザイニチ アメリカ ジョセイ センキョウシ ニヨル シャカイ カイリョウ カツドウ リカイ ノ ココロミ
イライザタルカット Eliza Talcott, 1836-1911の岡山における活動 : 19世紀末における在日アメリカ女性宣教師による社会改良活動理解の試み
Eliza Talcott's missionary work in Okayama : for understanding social reform by American female missionary in Japan in the end of 19th century

石村, 真紀  ,  イシムラ, マキ  ,  Ishimura, Maki

(66)  , pp.107 - 129 , 2017-12-22 , 同志社大学人文科学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン カガク ケンキュウショ , Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University
ISSN:04503139
NII書誌ID(NCID):AN00063391
内容記述
研究ノート(Note)
アメリカ女性宣教師イライザ・タルカットはのちに神戸女学院となる女子寄宿学校の創立者として知られているが、1880年代は岡山を中心に女性への伝道活動を行い、また石井十次の岡山孤児院を支援した。タルカットの岡山における活動を書簡、伝道団報告書、機関誌などからあとづけ、その伝道活動の中にみられる社会改良の要素について検討する。
Eliza Talcott, known as a founder of Kobe College, stayed in Okayama during 1880s. She travelled the vicinity and engaged in missionary work for women. She also helped Juji Ishii and his orphanage. Her work in Okayama shows a new dimension of female missionary work, that is, social reform. By researching on her letters to mission board, annual reports and other documents, we could find her missionary work as social reform.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/25879/002000660004.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報