Departmental Bulletin Paper 留岡幸助における「同情」主義 : キリスト教および慈善事業について
トメオカ コウスケ ニオケル ドウジョウ シュギ : キリストキョウ オヨビ ジゼン ジギョウ ニツイテ
留岡幸助における同情主義 : キリスト教および慈善事業について
Tomeoka Kosuke and principle of "sympathy" : about Christianity and charity work

近藤, 裕樹  ,  コンドウ, ヒロキ  ,  Kondo, Hiroki

(66)  , pp.41 - 72 , 2017-12-22 , 同志社大学人文科学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン カガク ケンキュウショ , Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University
ISSN:04503139
NCID:AN00063391
Description
論説(Article)
近代日本にあって「同情」という語が流行していた。筆者はそうした日本国内で見られた「同情」の流行史を考察する中で、偶然にも留岡幸助に出逢う。留岡の著作や日記・手帖を繙けば、多くの「同情」が散見できると気付くであろう。にもかかわらず、緻密にして膨大な先行研究からこの「同情」という視点は抜け落ちているように思われる。本論稿においては、基督教・慈善事業の場面で一貫するものとしての留岡の「同情」主義を確認し言及することを試みる。
The word "sympathy" had been prevalent in modern Japan. In the course of the study on "sympathy", by chance, encountered TOMEOKA Kosuke. But, the word "sympathy" has not been noted in the previous study on TOMEOKA Kosuke. In this article, I try to consider the principle of "sympathy" that TOMEOKA Kosuke was important as the consistency in his work.
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/25877/002000660002.pdf

Number of accesses :  

Other information