Departmental Bulletin Paper 同志社大学設立支援の現実 : 誰がいかほどの寄附をなしたか
ドウシシャ ダイガク セツリツ シエン ノ ゲンジツ : ダレ ガ イカホド ノ キフ オ ナシタカ
The real donation for the purpose of establishing Doshisha University : by whom and how much was it ?

田中, 智子  ,  タナカ, トモコ  ,  Tanaka, Tomoko

(66)  , pp.1 - 40 , 2017-12-22 , 同志社大学人文科学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン カガク ケンキュウショ , Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University
ISSN:04503139
NCID:AN00063391
Description
論説(Article)
1880年代から90年代にかけての同志社の大学設立運動史研究において、しばしば疑問視されるのが、寄附を約束した人物が「実際に」いかほどの額を拠出したのか、という問題である。寄附窓口となった新聞記事や同志社社史資料センター所蔵簿冊を通じ、著名な個々人の寄附額を確定するとともに、以下の結論を導き出した。寄附は「申込」「支払」の二段階で募集されたので、会計が混乱し、最終的決算は1897年にずれこんだ。「申込」に対する納入率は8割弱、当初目標額約70,000円に対しては約7割の達成率となった。
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/25876/002000660001.pdf

Number of accesses :  

Other information