紀要論文 Self-repair and self-monitoring with the editing term well in narrative in view of stance

Sakita, Tomoko I.  ,  サキタ, トモコ  ,  﨑田, 智子

(9)  , pp.1 - 27 , 2017-10-25 , 同志社大学グローバル地域文化学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク グローバル チイキ ブンカ ガッカイ , Alternative:Doshisha Society for Global and Regional Studies
ISSN:21879060
NII書誌ID(NCID):AA12645632
内容記述
論文(Article)
編集標識wellを伴う自己修復が話者の自己モニタリングに基づくスタンス行為であることを示すため、修復及びモニタリング(Levelt 1983)、スタンス(Du Bois 2007)、対話統語論(Du Bois 2014)の理論に基づいて、語りに焦点を当てて分析を行った。その結果、wellを伴う自己修復は単に「誤り」を「訂正」するのではなく、事象に対する話者の主観的評価を推移させ別スタンスから言及する形に修正することが明らかになった。話者自身の先行スタンスと後続スタンスとの間のメタレベルの関係を調整する際にwellが生起し、発話対象に関わる事実関係や順序等に関する自己修復がなされる。また、自己開始による自己修復という一見自己完結的な独話部分が自己モニターに基づいて対話性を示すことが明らかになった。さらに、談話標識wellのスタンス調整機能(Sakita 2013a, 2013b, 2013c, 2017)を自己修復においても確認し、日常のあらゆる場面での言語運用におけるスタンスの肝要な役割を解明した。
This paper investigates how self-repairs with the editing term well are stance acts based on the speaker's self-monitoring. It mainly analyzes conversational narratives under the theories of stance (Du Bois 2007) and dialogic syntax (Du Bois 2014) on the one hand, and speech monitoring and repair (Levelt 1983) on the other. The analyses show that self-repair with well is not simple error correction, but a shift of subjective evaluation. Well particularly marks the repair of facts, factual relations, or order, to signal and manage the meta-stance relation between the speaker's upcoming stance and prior stance. The discussion highlights the dialogic nature of the monologic, self-contained part of the speech involving self-initiated self-repair, with its being responsive to self-monitoring voice. In consequence, the paper confirms the stance-managing function of the discourse marker well as a meta-stance marker (Sakita 2013a).
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/25830/052000090001.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報