紀要論文 「都心回帰」が都心の地域社会に何をもたらしたのか : 大阪市北区菅南地区を事例として
「トシン カイキ」ガ トシン ノ チイキ シャカイ ニ ナニ オ モタラシタ ノカ : オオサカシ キタク カンナン チク オ ジレイ トシテ
都心回帰が都心の地域社会に何をもたらしたのか : 大阪市北区菅南地区を事例として
What impact has been brought by the urban core revival in the central district of Osaka? : the case of Kannan district in Kita Ward

加藤, 泰子  ,  カトウ, ヤスコ  ,  Kato, Yasuko

(122)  , pp.107 - 127 , 2017-09-30 , 同志社大学社会学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク シャカイ ガッカイ , Alternative:The Association of Social Studies, Doshisha University
ISSN:02862840
NII書誌ID(NCID):AN00211207
内容記述
論文(Article)
大都市では2000年前後より、人口の「都心回帰」が起こっている。本論では都心の地域社会の変容を、大阪市北区菅南地区を事例として探った。当地区は、大阪の都心地域の中でも、曽根崎や堂島などの最都心部に隣接する住商混合地域である。また大阪天満宮を中心とした伝統行事を継承している地域でもある。産業構造の変化や高齢化によって旧住民は減少する一方だが、地域に急増したマンションの新住民の地域社会への関わりは薄い。このような都心社会の問題状況と可能性を考察した。
Since around 2000, metropolitan regions including the City of Osaka, have experienced rapid population growth, so called "back to the city movement." In this thesis, the impact of urban core revival in Kannan district in Kita Ward, one of the central districts of Osaka, has been examined by census data and interview data of the community leaders. The characteristic of the area is to be the mixture of residential and commercial areas and also it is a traditional district strongly influenced by the culture of the Osaka Tenmangu Shrine. While long-tern residents are decreasing, new condominium residents are dramatically increasing. Although they tend not to involve in the local communities, some cases seem to open up the possibilities.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/25828/031001220005.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報