紀要論文 日本におけるファーマーズマーケットの意義 : 農産物直売所との共存に関する一考察
ニホン ニオケル ファーマーズ マーケット ノ イギ : ノウサンブツ チョクバイジョ トノ キョウゾン ニカンスル イチコウサツ
Raison d'etre of farmer's market in Japan : a consideration of co-existence with local food marketplace

佐藤, 亮子  ,  サトウ, リョウコ  ,  Sato, Ryoko

19 ( 1 )  , pp.323 - 340 , 2017-10-10 , 同志社大学政策学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク セイサク ガッカイ , Alternative:The Policy and Management Association of Doshisha University
ISSN:18808336
NII書誌ID(NCID):AA11408121
内容記述
今川晃教授追悼号
研究ノート(一般)(Note)
農産物直売所の隆盛の一方で、「ファーマーズマーケット」や「マルシェ」といった生産者が自らの手で消費者に農産物を対面販売する場が増えている。そこには、地元の新鮮な農産物を提供・入手することにとどまらない意義があるのではないかという仮説のもと、直売所とファーマーズマーケットが併設する事例と、農協が運営する農産物直売所と共同で新たに立ち上げたファーマーズマーケットでの調査から、両者が共存することによる効果・可能性を考える。
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/25806/019019010028.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報