Departmental Bulletin Paper 個人主義と人権問題
コジン シュギ ト ジンケン モンダイ
Individualism and some problemes about human right

大谷, 實  ,  オオヤ, ミノル  ,  Ohya, Minoru

67 ( 8 )  , pp.3399 - 3415 , 2016-03-31 , 同志社法學會 , Transcription:ドウシシャ ホウガクカイ , Alternative:The Doshisha Law Association
ISSN:03877612
NCID:AN00165970
Description
講演(Lecture)
医療、交通機関、コンピュータなどの科学文明の飛躍的な進歩、さらに、国内外のグローバル化に伴い、人権問題は多様化、複雑化しつつあり、新しい人権問題の解決が求められている。従来、人権問題は差別を中心に論じられてきたが、新しい人権問題への対応のために、人権の根底にある個人主義の価値観を論じ、人権とは幸福追求権であること、その実質は、「個人が人間らしく生きて行く上で必要不可欠の利益」であることを明らかにする。
The new problems concerning human right are appearing due to the dramatic progress of science. Therefore it is neccesary to adopt the new idea to resolve those plroblems. That is to say, the essence of humn right comes from individualism, so human right is right to pursue of happiness.
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/25777/028003810006.pdf

Number of accesses :  

Other information