学位論文 戦後沖縄の基地と軍用地料問題 : 地域を内部から問う女性運動
センゴ オキナワ ノ キチ ト グンヨウ チリョウ モンダイ : チイキ オ ナイブ カラ トウ ジョセイ ウンドウ

桐山, 節子  ,  キリヤマ, セツコ  ,  Kiriyama, Setsuko

2017-09-20
NII書誌ID(NCID):BB25699130
内容記述
本論文は、戦後沖縄における女性運動の歴史の一端をたどるものである。基地の町の女性問題が、地域が受け取る軍用地料と密接に関わり、基地維持を支える軍用地料の利権が、日米関係や地域運動と相互に関係しつつ、どのように地域を再構成し続けているかを検討する。具体的には、戦後基地の町となった国頭郡金武町字金武(金武区と並里区)で1990年代から2000年代中頃にたたかわれた軍用地料をめぐる女性差別解消運動を検討する。  
This thesis examines the problem concerning Camp Hansen rental payments and military bases in Okinawa since 1945, from the viewpoint of the local women's movement.The purpose is to understand the human rights, political and economic problems of women who live in military base towns in Kin-cho, the focus of our case-study. In particular, I examine the role military base rental payments have played in restructuring the area. This reconfiguration is closely interrelated with Japan-US relations, the rental income for the bases and the regional movement. This is, therefore, also the history of the women rooted in the area.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/25769/k882.pdf

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/25769/zk882.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報