紀要論文 沖縄県読谷村の住民自治組織 : その変容と可能性
オキナワケン ヨミタンソン ノ ジュウミン ジチ ソシキ : ソノ ヘンヨウ ト カノウセイ
Reformation and possibility of the local community organization : case study of Yomitan village, Okinawa prefecture

杉本, 久未子  ,  スギモト, クミコ  ,  Sugimoto, Kumiko

(21)  , pp.25 - 40 , 2017-03-31 , 同志社社会学研究学会 , Transcription:ドウシシャ シャカイガク ケンキュウ ガッカイ , Alternative:Doshisha Sociological Association
ISSN:13429833
NII書誌ID(NCID):AA11145237
内容記述
研究論文(Article)
第二次世界大戦後、村の大半を米軍基地用地として接収された読谷村では、従前の居住地(字)に帰ることが困難な住民が多く発生した。そのため、読谷村の戦後の住民自治組織は、戦前の字へのメンバーシップをもとに属人的に形成された。しかし戦後70年が経過し、基地返還が進むとともに、新住民の流入も増加し、自治組織の見直しが求められている。変容しつつある住民自治組織と活動を自治会長のインタビュー結果から明らかにした。
After World War II, almost all area of Yomitan village was used for US Army bases. Many villagers could not come home and live apart from former community members. So, village office regarded it the official local community organaized by former community memmbers. Later Us bases came back to village one by one and new residents as well as former villagers began to live together. That requests the village office to reform the community organization. This article analyze the reformation and possibility of community organizaion in Yomitan village from the interview of community leaders.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/25001/044000210003.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報