紀要論文 フランスの就業構造と高学歴者のキャリア : 学歴インフレと不平等
フランス ノ シュウギョウ コウゾウ ト コウガクレキシャ ノ キャリア : ガクレキ インフレ ト フビョウドウ
Employment structure and career of highly educated in France : academic inflation and inequality

藤本, 昌代  ,  フジモト, マサヨ  ,  Fujimoto, Masayo

(21)  , pp.1 - 24 , 2017-03-31 , 同志社社会学研究学会 , Transcription:ドウシシャ シャカイガク ケンキュウ ガッカイ , Alternative:Doshisha Sociological Association
ISSN:13429833
NII書誌ID(NCID):AA11145237
内容記述
研究論文(Artilce)
本研究はフランスの高学歴効果の現れ方の不平等について述べるものである。フランスは高等教育の無償制度を有しながら、就職のために高等教育に進学した若者の期待を裏切り、失業率が非常に高い。高等教育機関への進学の際、より有利な理系の学校への進学に親の社会階層が大きく影響する。文系分野のへの進学者の就職は非常に厳しく、たとえ高学歴者になっても学歴インフレと長引く失業状態に苦しんでいる。本研究はこのような現象について議論を行う。
This study describes inequality in the appearance of the effect of French higher education. Though France has its free higher education system, the system disappoints the expectation of the youth who entered a higher grade school for finding employment, but the unemployment rate is very high. When entering higher education institutions, the parent social stratification has a great influence on selection for more advantageous science school. The employment of the liberal arts graduates is very severe. They are suffered from the academic inflation and the prolonged unemployment state even after becoming a highly educated person. This phenomenon is discussed in this article.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/25000/044000210002.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報