Departmental Bulletin Paper カナダにおける株主の損害賠償請求権等の会社倒産時の劣後化
カナダ ニオケル カブヌシ ノ ソンガイ バイショウ セイキュウケントウ ノ カイシャ トウサンジ ノ レツゴカ 
Subordination of equity security holders' claim for bankrupt corporation in Canada

藤林, 大地  ,  フジバヤシ, ダイチ  ,  Fujibayashi, Daichi

67 ( 2 )  , pp.863 - 901 , 2015-06-30 , 同志社法學會 , Transcription:ドウシシャ ホウガクカイ , Alternative:The Doshisha Law Association
ISSN:03877612
NCID:AN00165970
Description
金子正史教授古稀記念論集
Dedicated to Professor Masashi Kaneko on his 70th birthday
論説(Article)
会社が不実開示を行っている間に株式を取得するなど、株主が会社に対して株式に関連する債権を有することになる場合がある。かかる債権は、会社が倒産した場合、如何なる処遇を受けるべきであろうか。この問題について、2007年改正カナダ倒産法は、「エクイティ証券」、そして、エクイティ証券に関連するあらゆる債権として、「エクイティ債権」という概念を定義し、同債権の劣後的処遇を定めている。本稿では、わが国における検討の素材として、①如何なる根拠からエクイティ債権の劣後的処遇が規定されたのか、②同根拠の帰結として、具体的に如何なる債権が劣後的処遇を受けることになっているのか、③倒産手続きにおいて劣後的処遇は如何に実現されているかを中心に、2007年改正カナダ倒産法の意義を検討した。
Shareholders may result in having share related claim against the corporation, such as when they purchase share while the corporation is making misstatement. When the corporation goes bankrupt, what kind of treatment should be taken for such claim? Regarding this issue, Canadian Bankruptcy Law amended on 2007 defies the concept of "Equity Inteest" and then "Equity Claim" as any claim that is in respect of an aquity interest and provides subordinated treatment of such claim. In this paper, in order to provide material for discussion in Japan, I will discuss the purpose of Canadian Bankruptcy Law amended on 2007, focusing on 1. On what grounds was the subordinated treatment of Equity Claim provided, 2. As a corollary of such grounds,what kind of claim is provided to receive subordinated, and 3. How is the suborinated treatment implemented in bankruptcy proceedings.
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/25032/028003750016.pdf

Number of accesses :  

Other information