Departmental Bulletin Paper 現代税務行政の課題と理論 : オーストラリアにおける応答的規制理論を中心に
ゲンダイ ゼイム ギョウセイ ノ カダイ ト リロン : オーストラリア ニオケル オウトウテキ キセイ リロン オ チュウシン ニ 
Responsive regulation and tax compliance : seeking the basic theory of tax administration

宮崎, 綾望  ,  ミヤザキ, アヤミ  ,  Miyazaki, Ayami

67 ( 2 )  , pp.920 - 903 , 2015-06-30 , 同志社法學會 , Transcription:ドウシシャ ホウガクカイ , Alternative:The Doshisha Law Association
ISSN:03877612
NCID:AN00165970
Description
金子正史教授古稀記念論集
Dedicated to Professor Masashi Kaneko on his 70th birthday
論説(Article)
現代税務行政は、その効率性の向上が重要な課題となっている。こうした状況で、これまでの事後的な税務調査だけに頼るのではなく、納税者との相互信頼関係を構築することが重要であるとの認識が国際的に高まっている。このような手法については、その法制化や納税者の権利救済など、今後法的な問題について議論をしていく必要がある。そこで、本稿は、オーストラリア税務行政における新たな取組みとその基準にある理論を検討し、わが国における税務行政のあり方へ示唆を得ようとした。
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/25031/028003750015.pdf

Number of accesses :  

Other information