紀要論文 「教義なきキリスト教」か「新しい教義」か : オットー・ドライアーとユリウス・カフタンの論争に関する一考察
「キョウギ ナキ キリストキョウ」カ「アタラシイ キョウギ」カ : オットー・ドライアー ト ユリウス・カフタン ノ ロンソウ ニカンスル イチコウサツ
教義なきキリスト教か新しい教義か : オットードライアーとユリウスカフタンの論争に関する一考察
"Non-dogmatic Christianity" or "new dogma"? : debate between Otto Dreyer and Julius Kaftan

加納, 和寛  ,  カノウ, カズヒロ  ,  Kano, Kazuhiro

77 ( 1 )  , pp.59 - 74 , 2015-06-23 , 基督教研究会 , Transcription: キリストキョウ ケンキュウカイ
ISSN:03873080
NII書誌ID(NCID):AN00063325
内容記述
論文(Article)
いわゆるドイツ使徒信条の一つに、高位の牧師オットー・ドライアーとベルリン大学神学部のユリウス・カフタンによる論争がある。ドライアーが「教義なきキリスト教」を唱えたのに対し、カフタンは伝統的な教義を再構成すべきだとした。ドライアーの意見は近年、使徒信条論争の中心的人物の一人であるアドルフ・フォン・ハルナックに影響を与えたとして注目を集めている。本論文ではこの観点から両者の論争の意義を再検証している。
Dr. Otto Dreyer, pastor, and Dr. Julius Kaftan, Professor at Berlin University. Dreyer criticized the Apostles' Creed as "Non-dogmatic Christianity," while Kaftan refuted this by arguing that traditional dogma should not be abandoned, but rather reshaped. Dreyer's argument was nearly forgotten, and was not counted as an important contribution to the "Controversy over the Apostles' Creed." However, in recent years Dreyer has been appreciated once again for having influenced Adolf von Harnack, who was a central figure in the "Controversy over the Apostles' Creed." In this article I argue that this debate represents a meaningful chapter in the "Controversy over the Apostles' Creed."
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/25008/003077010004.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報