紀要論文 自由主義クエーカーの源流 : J・スコットによる信仰の内面化
ジユウ シュギ クエーカー ノ ゲンリュウ : J・スコット ニヨル シンコウ ノ ナイメンカ
自由主義クエーカーの源流 : Jスコットによる信仰の内面化
A root of liberal Quakerism : J. Scott's internalized faith

中野, 泰治  ,  ナカノ, ヤスハル  ,  Nakano, Yasuharu

77 ( 1 )  , pp.43 - 57 , 2015-06-23 , 基督教研究会 , Transcription: キリストキョウ ケンキュウカイ
ISSN:03873080
NII書誌ID(NCID):AN00063325
内容記述
論文(Article)
本稿は、18世紀米国のクエーカー、ジョブ・スコットの思想を分析し、彼の信仰の特徴とその問題点を明らかにする。スコットは18世紀の静寂主義を代表する人物であると同時に、20世紀以降の自由主義クエーカーの草分けとも見なされている。彼のクエーカー信仰は神性の内的誕生を中心概念とし、この概念に他のあらゆるキリスト教的モチーフを収斂させて解釈する構成となっている。スコットのこうした徹底的に内面化された信仰が孕む問題点、つまり自己の完全にのみ関心が閉じた信仰、宗教的成熟と同一視された真理基準、そして独我論的な議論が、スコット自身が批判する神の自己所有化につながる可能性を指摘する。
The aim of this paper is to clarify the theological features and problems of Job Scott’s religion. Scott was an American traveling Quaker minister of the 18th century, generally regarded at once as an archetype of Quietist Quakers and as a forerunner of today’s Liberal Quakerism. The structure of his faith is so simply built that every religious theme converges on his particular concept of inward birth of divinity. The paper shows that Scott’s internalized faith has several problems, such as faith only focusing on personal perfection, the criterion of truth identified with religious maturity, and solipsistic arguments. All of these issues finally lead to the possibility of an appropriation of God, which Scott himself harshly criticized.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/25007/003077010003.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報