紀要論文 福島原発事故における週刊誌報道の言説構造 : テレビ・新聞への批判の視点
フクシマ ゲンパツ ジコ ニオケル シュウカンシ ホウドウ ノ ゲンセツ コウゾウ : テレビ・シンブン エノ ヒハン ノ シテン
福島原発事故における週刊誌報道の言説構造 : テレビ新聞への批判の視点
The structure of discourse in weekly magazine reports on the Fukushima nuclear disaster : their critical views of television and newspapers

矢内, 真理子  ,  ヤナイ, マリコ  ,  Yanai, Mariko

(121)  , pp.55 - 79 , 2017-05-31 , 同志社大学社会学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク シャカイ ガッカイ , Alternative:The Association of Social Studies, Doshisha University
ISSN:02862840
NII書誌ID(NCID):AN00211207
内容記述
論文(Article)
本研究は,福島第一原子力発電所事故に関する週刊誌の報道における,言説の作られ方を明らかにすることを目的とする。日本の代表的な週刊誌である『週刊文春』『週刊新潮』『週刊現代』の3誌の2011年3月の記事を対象に,批判的ディスコース分析(CDA)をはじめとした,語用論の分野に基づいた分析方法を用いた。週刊誌が他媒体をどのような視点で捉え,報じているのかを分析することによって,週刊誌が他のメディアをどのように評価し、どのように原発事故に関する新たな「現実」を作り出そうとしているのかを明らかにした。
This study aims to reveal how discourse was created in weekly magazine reports on the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Disaster. Analytical methods based in the field of pragmatics, including Critical Discourse Analysis (CDA), were used to study articles published in March 2011 in three of Japan's biggest weekly magazines: Shukan Bunshun, Shukan Shincho, and Shukan Gendai. By examining how these magazines viewed other forms of media and made their reports, this study explains how weekly magazines attempt to create new "realities" about the nuclear disaster, the methods they employ in trying to influence readers, how they view other forms of media, and what type of medium these weekly magazines are trying to present themselves as in the first place.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/24990/031001210003.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報