紀要論文 絵解き講座・仏像で知るユーラシアの文化 : そうやったんか!
エトキ コウザ・ブツゾウ デ シル ユーラシア ノ ブンカ : ソウ ヤッタンカ!
絵解き講座・仏像で知るユーラシアの文化「そうやったんか!」
絵解き講座仏像で知るユーラシアの文化 : そうやったんか
Illustrated lecture : understanding Eurasian culture through Buddhist statues "Eureka!"

籔内, 佐斗司  ,  ヤブウチ, サトシ  ,  Yabuuchi, Satoshi

12 ( 2 )  , pp.13 - 28 , 2017-03-31 , 同志社大学文化情報学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ブンカ ジョウホウ ガッカイ
ISSN:18808603
NII書誌ID(NCID):AA12131759
内容記述
講演記録
仏教がインドで発生し、西アジアから中央アジアに伝播し、東アジアを経て、わが国に伝わる2500年のあいだに、仏像の造形表現がどのように変化したかを、写真とイラストを交えながらわかりやすく解説するとともに、仏教哲学の本質を、この世の五つの構成要素である「五大」を絵解きで説明しながら、現代科学や哲学との比較を試み、だれもが「そうやったんか!」と理解できるように講義したものの要約である。
Buddhism was born in India, but over a period of 2,500 year it was gradually transmitted from west Asia, through central Asia to Japan and in this lecture I will employ illustrations to offer a simple explanation of the transformations that occurred in the expression of Buddhist deities during this period. I will also use pictures expressing the five elements (earth, water, fire, wind, void) to explain the essential philosophy of Buddhism, comparing it with contemporary science and philosophy in a way that is easy to understand, leading everybody to remark, 'That explains everything! Eureka!'
同志社大学文化情報学会講演会
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/24952/039000170002.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報