Departmental Bulletin Paper 日本型社会民主主義の形成 : 1920年代前半の山川均
ニホンガタ シャカイ ミンシュ シュギ ノ ケイセイ : 1920ネンダイ ゼンハン ノ ヤマカワ ヒトシ
Yamakawa Hitoshi and the formation of social democracy in the first half of 1920s

米原, 謙  ,  ヨネハラ, ケン  ,  Yonehara, Ken

47 ( 1 )  , pp.107 - 136 , 2017-05-31 , 同志社大学人文科学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン カガク ケンキュウショ , Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University
ISSN:04196759
NCID:AN00108933
Description
研究ノート(Note)
日本型社会民主主義とは、英国労働党やドイツ社会民主党のような西欧社会民主主義、ボルシェヴィキのような前衛党を否定し、マルクス主義を堅持しながら民主主義の拡充を通じて社会主義革命を実現しようとする考えかたである。それは1920年代の山川均が試行錯誤の末にたどり着いた結論だった。山川は1920年代初めにはロシア革命とレーニンを支持し、第一次日本共産党の理論的中心だったが、20年代半ばから徐々に小ブルジョアを含む「協同戦線」を主張し、前衛党という考えかたを批判するようになる。
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/24920/007001130005.pdf

Number of accesses :  

Other information