紀要論文 Development of three-dimensional forearm vein imaging system using light-section method for automatic blood Sampling
自動採血のための光切断法による3次元前腕静脈位置探索システムの開発
ジドウ サイケツ ノ タメ ノ ヒカリ セツダンホウ ニヨル 3ジゲン ゼンワン ジョウミャク イチ タンサク システム ノ カイハツ

Nakamachi, Eiji  ,  Nakagawa, Masaki  ,  Kimura, Ryohei  ,  Morita, Yusuke  ,  ナカマチ, エイジ  ,  ナカガワ, マサキ  ,  キムラ, リョウヘイ  ,  モリタ, ユウスケ  ,  仲町, 英治  ,  中川, 昌紀  ,  木村, 涼平  ,  森田, 有亮

58 ( 1 )  , pp.11 - 18 , 2017-04-30 , 同志社大学ハリス理化学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ハリス リカガク ケンキュウジョ , Alternative:Harris Science Research Institute of Doshisha University
ISSN:21895937
NII書誌ID(NCID):AA12716107
内容記述
本研究では自動穿刺装置の組み込みを目的として,近赤外光による光切断法を用いた前腕静脈位置計測システムの開発を行った.近年,看護師の不足や技術不足による採血の失敗が問題となっている.採血の対象となる細い静脈や皮下脂肪に覆われている静脈などは,目視で発見することが困難である.そのため,神経損傷および静脈貫通などを誘発する.よって,採血時の静脈探索システムや自動採血システムの開発が強く望まれている.先行研究で仲町らはステレオ合焦点ハイブリット計測法を用いて,手指の自動採血システムの開発を行った.本研究の新規性は従来の手法と比べ高速かつ使用しやすく,高精度なシステムの開発である.本研究では近赤外光によるスリット光を走査することにより静脈のイメージ画像を得る.また,画像処理により鮮明な静脈画像を取得した.さらに,光切断法により血管中心までの距離および血管径の計測を行い血管径に対して10%の計測誤差を達成した.
In this study, we developed a comprehensive biomedical optics device to detect the three-dimensional (3D) position of forearm veins by using the light-section method with near-infrared (NIR) light to execute automatic blood sampling. Now, there still remain the demands to develop "easy to use" blood sampling system for the deteriorated blood vessel caused by metabolic syndrome and aging. It is also difficult to find a vein of infants and obese people because the vein is thin and covered with thick subcutaneous fat for injection. Thus, there have been strong demands to develop a vein detecting and automatic blood sampling system. In the previous study, Nakamachi et al. detected vein positions in the finger by employing the combination of auto-focusing and stereo methods with NIR light. Our newly developed device was characterized as a quick, user-friendly, and highly accurate system for vein detection. In this study, by using the slit light with an NIR wavelength, the scanning image of the vein was taken. We succeeded in clear visualization of the vein using the image processing to improve the sharpness. We measured distance from the forearm surface to the center of the vein by using light-section method and vein diameter, found that the errors were less than 10% of the vein diameter, which was the tolerance threshold value of error.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/24911/023058010002.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報