Departmental Bulletin Paper 谷崎潤一郎の映画受容(三) : 大正八年~十年
タニザキ ジュンイチロウ ノ エイガ ジュヨウ(3) : タイショウ 8ネン~10ネン
The influence of cinema on the works of Junichiro Tanizaki : 1919-1921

佐藤, 未央子  ,  サトウ, ミオコ  ,  Sato, Mioko

(84)  , pp.129 - 143 , 2016-03-20 , 同志社大学国文学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク コクブン ガッカイ
ISSN:03898717
NCID:AN00165595
Description
石井久雄教授退職記念号
谷崎潤一郎の映画受容を跡付けるため、大正八年「イントレランス」、谷崎が脚本家として所属した大正活映が大正九年に輸入公開した四作品、大正十年「カリガリ博士」を取り上げて同時代の資料と批評、受容状況を精査。谷崎の映画的・文学的想像力を補強した並行編集など映画独自の技法や、「カリガリ博士」における「狂人の幻想」を表現した「話の筋」の内実についても確認した。
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/24879/016000840012.pdf

Number of accesses :  

Other information