Departmental Bulletin Paper 1960年代前半における米国沖縄統治の危機 : キャラウェイ施政と労働運動との対立関係
1960ネンダイ ゼンハン ニオケル ベイコク オキナワ トウチ ノ キキ : キャラウェイ シセイ ト ロウドウ ウンドウ トノ タイリツ カンケイ
The crisis of U.S. occupation of Okinawa in the early 1960's

古波藏, 契  ,  コハグラ, ケイ  ,  Kohagura, Kei

7pp.29 - 49 , 2017-03 , 同志社大学グローバル・スタディーズ学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク グローバル・スタディーズ ガッカイ , Alternative:The Association of Global Studies, Doshisha University
ISSN:21859396
NCID:AA12515874
Description
論文
米軍占領期の沖縄において、労働運動は住民自治要求の最前線に位置している。しかしながら、このことは自明なことではない。労働運動勢力は単に弾圧の対象であっただけではなく、占領当局にとっても体制内化すべき工作の対象と見做されてきたのである。本稿では、こうした企図が破綻し、労働運動が革新勢力の中心に留まることになる要因を、米国沖縄統治の枠組みに内在された欠陥と関わらせて検討する。
In postwar Okinawa, labor movements composed main motivation for the autonomy of local population against the U.S. military occupation. This is not selfevident. Because for the authorities in Okinawa, labor movements was not just taken as targets to be oppressed, but as negotiating partners to build consensus on the present regime. This paper will arugue on the factors for whic the original intention failed to achieve and led to the direct conflict with the labor movements, in reference to the deficiency built in the governing structure of U.S. military occupation of Okinawa.
戦後沖縄労働運動史, History of Labor Movements in Occupied Okinawa
国際自由労連, ICFTU
P.W.キャラウェイ, Paul Wyatt Caraway
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/24861/049000070002.pdf

Number of accesses :  

Other information