学位論文 原子効率に優れたアリルアルコール類の新規触媒的分子変換法に関する研究
ゲンシ コウリツ ニ スグレタ アリル アルコールルイ ノ シンキ ショクバイテキ ブンシ ヘンカンホウ ニカンスル ケンキュウ

中村, 祐士  ,  ナカムラ, ユウシ  ,  Nakamura, Yushi

2017-03-22
NII書誌ID(NCID):BB25875867
内容記述
遷移金属錯体を触媒とした原子効率に優れたアリルアルコール類の新規変換法の開発について検討した。アリルアルコール類のアルコールとしての性質に着目し、主に"Borrowing hydrogen"方法論に基づいた反応開発について検討した結果, 独自に調製された高度な水素移動制御を可能とするルテニウム触媒を用いることで、原子効率100%のアリルアルコール類のanti-Markovnikov型ヒドロアミノ化反応やヒドロアルコキシ化を始めとした反応の開発に成功した。
Development of novel transform methods of allylic alcohols catalyzed by transition metal complexes was studied. In the result, development of anti-Markovnikov hydroamination and hydroalkoxylation of allylic alcohols catalyzed by uniquely prepared ruthenium catalysts, which had a advanced transfer hydrogen ability, on the basis of a character as a alcohol of allylic alcohols and "Borrowing hydrogen" methodology was achieved at 100% atom economy.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/24809/k854.pdf

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/24809/zk854.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報