Thesis or Dissertation 韓国におけるロールレタリング技法を活用した受刑者教育プログラムの開発及び効果に関する研究
カンコク ニオケル ロール レタリング ギホウ オ カツヨウ シタ ジュケイシャ キョウイク プログラム ノ カイハツ オヨビ コウカ ニカンスル ケンキュウ
A study on the development and effectiveness of prison inmates education program using role-lettering technique in Korea

朴, 順龍  ,  パク, スンヨン  ,  Park, Soonyong

2017-03-21
NCID:BB25869569
Description
本研究は受刑者教育プログラムを開発してその効果を明らかにすることを目的としている.主要教育方法としては視聴覚教育やグループワークを加味した日本のロールレタリング技法を採用し,合計12セッションのプログラムを構成した.2015年の間,Z刑務所受刑者34名を対象に3期にかけてプログラムを行い,教育前後の受刑者の心理的変化を確認した.また,受刑者の課題とFGIの質的内容分析を通じて教育効果を再確認した.
The object of this study is to develop and to evaluate an education program for prison inmates. The main method of this program which consists of 12 sessions is "role lettering" added to group work and audio-visual stimulation. In 2015, 34 prison inmates participated in this program at Z prison in Korea. This program has verified in evaluating the inmates' psychological change. And it has reverified in evaluating the effectiveness of education through qualitative content analysis of focus group interview as well as prison inmates' tasks.
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/24783/k828.pdf

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/24783/zk828.pdf

Number of accesses :  

Other information