紀要論文 EU政治過程におけるリベラルと保守の対抗関係 : 欧州議会での政党会派間連携を中心に
EU セイジ カテイ ニオケル リベラル ト ホシュ ノ タイコウ カンケイ : オウシュウ ギカイ デノ セイトウ カイハカン レンケイ オ チュウシン ニ
Counteractive relationship between liberals and conservatives in the EU political process : focusing upon combining forces between political groups in the European Parliament

原田, 徹  ,  ハラダ, トオル  ,  Harada, Toru

18 ( 2 )  , pp.13 - 25 , 2017-03-10 , 同志社大学政策学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク セイサク ガッカイ , Alternative:The Policy and Management Association of Doshisha University
ISSN:18808336
NII書誌ID(NCID):AA11408121
内容記述
論説(Article)
2010年代に入り、EU域内に起因する「リベラル-保守」に関わる争点が、通常のEU政治過程、特に、欧州議会の審議過程で対立軸を構成する新たな事態が生じている。この対立構造を欧州議会での政党会派間の連携・対抗状況に見出し、そこで争点化した三つの事例を通じて解明している。
Entry into the 2010s, new issues arising in the EU political process, in particular the European Parliament deliberation process, constitute a conflict between liberal values and conservative values. We found this confrontation structure in the cooperation / opposition situation among political party factions in the European Parliament, and clarified through three cases which made it a point of debate.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/24716/019018020002.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報