紀要論文 商品史に関する概念考察と研究展望
ショウヒンシ ニカンスル ガイネン コウサツ ト ケンキュウ テンボウ
The change and characteristic on the concept of "Goods"

鍛冶, 博之  ,  カジ, ヒロユキ  ,  Kaji, Hiroyuki

46 ( 3 )  , pp.1 - 29 , 2016-11-28 , 同志社大学人文科学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン カガク ケンキュウショ , Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University
ISSN:04196759
NII書誌ID(NCID):AN00108933
内容記述
論説(Article)
本稿では,戦後以降に展開されてきた「商品」という概念に関する諸考察を整理し,その変遷と特徴を明らかにする。そして現代における「商品」の意味を暫定的に模索し,今後のランドマーク商品研究の方向性を考察する。第1章から第4章では,経済学,商品学,商業学(商学),マーケティング論の四つの学術分野に注目し,各分野で商品がどのように捉えられてきたのかを考察した。第5章では現代における商品の意味について「生活者」を構成する生産者・消費者・第三者の観点から模索した。第6章ではここまでの考察を踏まえたうえで,今後のランドマーク商品研究の方向性の一端を示した。
Research in the concept of "Goods" has been carried out in various fields (for example ;the economic science, the commodity science , commercial science and marketing)for a long time. The purpose of this paper is as follow :①to summarize the study of the concept "Goods" which has been continued since the postwar period and to clarify the change and characteristic on it, and ②to grope provisionally for the modern meaning of goods and the direction of the study on Landmark Commodity after this.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23731/007001110001.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報