Departmental Bulletin Paper アイルランド共和国のオンブズマンとインフォーマリティの意義
アイルランド キョウワコク ノ オンブズマン ト インフォーマリティ ノ イギ
The Irish ombudsman and the significance of informality

山谷, 清秀  ,  ヤマヤ, キヨヒデ  ,  Yamaya, Kiyohide

18 ( 1 )  , pp.53 - 72 , 2016-09-01 , 同志社大学政策学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク セイサク ガッカイ , Alternative:The Policy and Management Association of Doshisha University
ISSN:18808336
NCID:AA11408121
Description
研究ノート(Note)
オンブズマン研究ではインフォーマリティという用語がしばしば用いられるが、本稿ではその概念の拡大を取り扱う。オンブズマンに求められる役割が苦情の早期解決、そしてガイドラインの発行や研修の実施によるグッド・アドミニストレーションの実現という予防的な救済も、行政や公共サービス提供者の自律性を高めることにつながり、オンブズマンのインフォーマルな活動の結果として考えられる。
'Informality' is a character of the ombudsman. Recently, ombudsmen have been aiming to handle complaints easier, quicker and cheaper and some researchers say it is a type of ADR and others say 'informal resolution'. In addition, there is a trend of proactive role of the ombudsman, which is publishing the guideline and implementing training for achieving 'good administration'. This article considers these areas of the role of the ombudsman as informal role, and discusses that it will be more important for achieving good administration in the public sector.
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23651/019018010005.pdf

Number of accesses :  

Other information