紀要論文 「開拓」と「移民」の空間 : 童仙房における記録と記憶
「カイタク」ト「イミン」ノ クウカン : ドウセンボウ ニオケル キロク ト キオク
開拓と移民の空間 : 童仙房における記録と記憶
"Reclamation" and "immigration" of a village : a record and memory of Dosembo

生駒, 佳也  ,  イコマ, ヨシヤ  ,  Ikoma, Yoshiya

46 ( 2 )  , pp.31 - 44 , 2016-08-25 , 同志社大学人文科学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン カガク ケンキュウショ , Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University
ISSN:04196759
NII書誌ID(NCID):AN00108933
内容記述
研究ノート(Note)
京都府南山城村にある童仙房地区は、近代において最も早期に士族授産のために設定された開拓村である。しかし,当初の目的を果たせず,従来は,開拓の「失敗」事例として位置づけられてきた。ここでは,注目されてこなかったこの村における戦中・戦後の入植者家族を取り上げ,重層的な空間の事例として紹介する。
In the early part of the modern period, Dosembo district in Minami Yamashiro Village was established as a ‘frontier’ village. Although this village was made to provide a second life for unemployed bushi, men of the samurai caste, it failed to meet this objective, and is now considered an example of failure for ‘frontier’ villages. Here, I want to introduce a multilayered aspect of the village which was largely ignored during and after the War: the settlers’ families.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23244/007001100002.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報