Departmental Bulletin Paper 近代日本の教育機関における工学士経歴の統計観察
キンダイ ニホン ノ キョウイク キカン ニオケル コウガクシ ケイレキ ノ トウケイ カンサツ
Statistical observations on careers of bachelors of engineering in the modern Japanese educational institutions

植村, 正治  ,  ウエムラ, ショウジ  ,  Uemura, Shoji

46 ( 2 )  , pp.1 - 30 , 2016-08-25 , 同志社大学人文科学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン カガク ケンキュウショ , Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University
ISSN:04196759
NCID:AN00108933
Description
論説(Article)
1893年,1901年,1910年,1920年,1930年の『学士会会員氏名録』にあられた総数18,138人の工学士たちは,大きく分けて5つの分野に勤務した。省庁,地方庁,陸海軍,教育機関,民間部門である。本稿では,これらのうち教育機関に勤務した1,520数人の工学士たちを取り上げた。教育機関を大学,理系実業専門学校,工業学校等,文系学校の4種類に区分し,それぞれの教育機関の技術教育内容の特徴を統計的に明らかにしようとした。
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23243/007001100001.pdf

Number of accesses :  

Other information