Departmental Bulletin Paper 殉教者を顕彰することの今日的意義とその問題点
ジュンキョウシャ オ ケンショウ スル コト ノ コンニチテキ イギ ト ソノ モンダイテン
Contemporary meaning of commendation to martyrs and its moot points

佐藤, 泰彦  ,  サトウ, ヤスヒコ  ,  Sato, Yasuhiko

7pp.41 - 57 , 2016-03-31 , 同志社大学一神教学際研究センター(CISMOR) , Transcription:ドウシシャ ダイガク イッシンキョウ ガクサイ ケンキュウ センター(CISMOR) , Alternative:Doshisha University, Center for Interdisciplinary Study of Monotheistic Religions (CISMOR)
ISSN:21850380
NCID:AA12478825
Description
キリシタンが棄教を拒んで殉教死を選んだ一つの大きな要因として、アシジのフランチェスコの、キリストへの徹底した信従、イエスの受難への深い共感といった霊性の流れを汲む「新しい信心」の影響がある。列福運動は、殉教者が徹底的にキリストに従い、世俗の価値より福音的価値を重んじた信仰を現代に生かすという意義を強調するものである。しかし、宣教師や教会による殉教の過剰な美化や多くの信徒を殉教に追いやった教義の問題点も問われねばならない。
"New Devotion" is one of the influential and primary factors leading Japanese Christians to refusing apostasy and choosing martyrdom, having been inspired by the spirituality of St Francis of Assisi, who obeyed Christ completely and had deep empathy for the Passion of Jesus. The movement for beatification emphasizes the significance today of the faith St Francis showed in obeying Christ thoroughly, and in considering Gospel values more greatly than secular values.
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23229/050007000003.pdf

Number of accesses :  

Other information