紀要論文 マックス・ヴェーバーの『古代ユダヤ教』にみる救済概念 : 救済は自力か他力か
マックス・ヴェーバー ノ『コダイ ユダヤキョウ』ニ ミル キュウサイ ガイネン : キュウサイ ワ ジリキ カ タリキ カ
マックスヴェーバーの古代ユダヤ教にみる救済概念 : 救済は自力か他力か
The studies of salvation in ancient Judaism by Max Weber : is salvation "Jiriki" or "Tariki"?

水口, 隆司  ,  ミズグチ, タカシ  ,  Mizuguchi, Takashi

7pp.1 - 19 , 2016-03-31 , 同志社大学一神教学際研究センター(CISMOR) , Transcription:ドウシシャ ダイガク イッシンキョウ ガクサイ ケンキュウ センター(CISMOR) , Alternative:Doshisha University, Center for Interdisciplinary Study of Monotheistic Religions (CISMOR)
ISSN:21850380
NII書誌ID(NCID):AA12478825
内容記述
本論考では、『古代ユダヤ教』に基づいて、その救済概念を探究する。筆者は、神と人間とを取り持つレビ人やパリサイびと等の仲介者に注目して、古代ユダヤ教を時代区分し、自力・他力の観点から各々に特徴的な救済概念について述べる。もちろん自力・他力は浄土教理解のキーワードであるが、岸本英夫はそれを自力的、他力的と概念領域を拡大解釈することにより宗教一般にも適用可能であるとする。特にユダヤ教の救済観は、個人ではなくイスラエルとしての民族全体に関わるとされ、この集団性という側面も重要である。
The main subject of this study is the concept of "salvation" in Ancient Judaism. The author will analyze the mediation between God and man made by Levites, Pharisees and others, in the period of ancient Judaism. The study explores the specific concept of salvation for each mediator, through the concepts of "Jiriki" and "Tariki." Jiriki and Tariki are undoubtedly keywords of Pureland Buddhism; however, Hideo Kishimoto gave these concepts broader interpretations that allow for application of the terms to other religions. In Judaism, the concept of salvation is not individual, but rather it is specifically connected with the people of Israel as a group.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23227/050007000001.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報