紀要論文 拡張現実のための照明制御を用いた3次元位置推定手法の検討
カクチョウ ゲンジツ ノ タメ ノ ショウメイ セイギョ オ モチイタ 3ジゲン イチ スイテイ シュホウ ノ ケントウ
カクチョウ ゲンジツ ノタメノ ショウメイ セイギョ オ モチイタ サンジゲン イチ スイテイ シュホウ ノ ケントウ
The 3-dimensional position estimation method using lighting control in augmented reality

松井, 健人  ,  間, 博人  ,  山下, 大輔  ,  相馬, 啓佑  ,  三木, 光範  ,  マツイ, ケント  ,  アイダ, ヒロト  ,  ヤマシタ, ダイスケ  ,  ソウマ, ケイスケ  ,  ミキ, ミツノリ  ,  Matsui, Kento  ,  Aida, Hiroto  ,  Yamashita, Daisuke  ,  Soma, Keisuke  ,  Miki, Mitsunori

57 ( 2 )  , pp.152 - 158 , 2016-07-31 , 同志社大学ハリス理化学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ハリス リカガク ケンキュウジョ , Alternative:Harris Science Research Institute of Doshisha University
ISSN:21895937
NII書誌ID(NCID):AA12716107
内容記述
拡張現実では,正確に仮想空間のオブジェクトを配置するために3次元位置推定が必要となる.拡張現実における3次元位置推定手法は2種類ある.1つはGPSや加速度センサ,地磁気センサ,赤外線深度センサ,超音波センサなどのセンサを用いた手法である.もう一つは実空間に設置したマーカの認識やフレームごとの特異点の比較などの画像処理を用いた手法である.本研究では,照明制御を用いた拡張現実における3次元位置推定手法を提案する.照明制御を用いた拡張現実における3次元位置推定手法は,それぞれの天井照明の光度が照度センサの照度に及ぼしている影響度合い(照度/光度影響度)を用いて距離を推定する.そして,推定した距離を用いて3次元位置推定を行う手法である.
It is required a 3-Dimensional position estimation in order to accurately place the virtual object in Augmented Reality. There are two kinds of the 3-Dimensional position estimation method in Augmented Reality. The first one is the 3-Dimensional position estimation method using sensors such as GPS, accelerometer, geomagnetism sensor, Infrared sensor, vision sensor, and ultrasonic sensor. The other one is the 3-Dimensional position estimation method using image processing method such as to recognize located markers and to compare singularity of each frame. We propose the 3-Dimensional Position Estimation Method Using Lighting Control in Augmented Reality. This method estimate the distance using Influence of Luminance of each the celling lighting on Illuminance of illuminance sensors (Illuminance/Luminance Influence). And this method estimate the 3-Dimensional position using the estimated distance.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23226/023057020012.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報