紀要論文 片ポートを有するフリップフロップ・ジェット・ノズルによる発振機構の実験的研究
カタポート オ ユウスル フリップ フロップ・ジェット・ノズル ニヨル ハッシン キコウ ノ ジッケンテキ ケンキュウ
片ポートを有するフリップフロップジェットノズルによる発振機構の実験的研究
Experimental study of oscillation mechanism using a flip-flop jet nozzle with a single port

井上, 達哉  ,  永幡, 史暁  ,  平田, 勝哉  ,  イノウエ, タツヤ  ,  ナガハタ, フミアキ  ,  ヒラタ, カツヤ  ,  Inoue, Tatsuya  ,  Nagahata, Fumiaki  ,  Hirata, Katsuya

57 ( 2 )  , pp.118 - 124 , 2016-07-31 , 同志社大学ハリス理化学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ハリス リカガク ケンキュウジョ , Alternative:Harris Science Research Institute of Doshisha University
ISSN:21895937
NII書誌ID(NCID):AA12716107
内容記述
フリップフロップ・ジェット・ノズルの発振機構を明らかにするため、著者らは、幾何学形状を変化させて、コネクティングチューブ内の圧力や速度の計測を試みた。我々の過去の研究では、時間積分値がある閾値に達すると、噴流は切り換わると仮定した。つまり、コントロール・ポートを通り、高圧側から低圧側に流れ込む圧力仕事の時間積分値が一定になると噴流の切り換えが起こることを示した。本研究では、圧力仕事についてより詳細に調べる事を目的に、一方のコントロール・ポートを閉じて片側のコントロール・ポートのみの流量を制御するFFJNを用いた実験を行った。その結果、連結管からの流入流れによる圧力仕事が噴流の発振機構を議論する上で重要であり、過去の両ポートFFJNの結果ともよく一致した。
To reveal the oscillation mechanism of a flip-flop-jet nozzle with a connecting tube, the authors carry out the measurements of pressures and velocities in the connecting tube and inside the nozzle, varying various geometric parameters. According to our previous work (Inoue et al., 2016), the authors assume that the jet switches when a time integral reaches a certain value. As the time integral, we consider the accumulated flow work of pressure, namely, the time integral of mass flux through a connecting tube into the jet-reattaching wall from the opposite jet-un-reattaching wall. In the present study, in order to discuss the physics of the accumulated flow work further, we conduct the experiment in single-port control where the inflow from the control port on the jet-reattaching wall is forcedly controlled and the other control port on the opposite jet-un-reattaching wall is sealed, instead of the experiment in regular jet’s oscillation using the ordinary nozzle with two control ports in connection. As a result, the accumulated flow work of the inflow until the jet’s switching well agrees with that in regular jet’s oscillation using the ordinary nozzle.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23221/023057020007.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報