Departmental Bulletin Paper フリップフロップ・ジェット・ノズルの発振周波数について
フリップ フロップ・ジェット・ノズル ノ ハッシン シュウハスウ ニツイテ
フリップフロップジェットノズルの発振周波数について
On oscillation frequency of a flip-flop jet nozzle

井上, 達哉  ,  在所, 英治  ,  水野, 剛  ,  近藤, 正樹  ,  平田, 勝哉  ,  イノウエ, タツヤ  ,  ザイショ, ヒデマル  ,  ミズノ, ゴウ  ,  コンドウ, マサキ  ,  ヒラタ, カツヤ  ,  Inoue, Tatsuya  ,  Zaisyo, Hidemaru  ,  Mizuno, Gou  ,  Kondo, Masaki  ,  Hirata, Katsuya

57 ( 2 )  , pp.107 - 117 , 2016-07-31 , 同志社大学ハリス理化学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ハリス リカガク ケンキュウジョ , Alternative:Harris Science Research Institute of Doshisha University
ISSN:21895937
NCID:AA12716107
Description
我々は、連結管圧力及び連結管流速を測定し、フリップフロップ・ジェット・ノズルの発振周波数について研究する。また、両連結管端部の差圧は、三角波にモデル化し、流速は、特性曲線法とルンゲクッタ法により計算する。ここで我々は、高圧部から低圧部に連結管を通って流れ込む諸量(運動量と運動エネルギー、質量)の時間積分値がある閾値に達すると噴流は切り換わると仮定した。その結果、質量流れ(あるいは圧力仕事)[J][P]を考える事が最も合理的であることがわかった。[J][P]から計算されたストローハル数[St]は、実験値と概ね良好な一致を示した。
This research deals with the oscillation frequency of a flip-flop jet nozzle based on the measurements of pressure and velocity in a connecting tube. The trace of pressure difference between both the ends of the connecting tube is simply modeled by a triangular wave, and the velocity in the connecting tube is calculated by the method of characteristics and the Runge-Kutta method. The authors assume that a jet switches when the integral [J][M], [J][K] or [J][P] reaches a threshold value, where [J][M], [J][K] and [J][P] are the accumulations of momentum, kinetic energy and mass which are transported through the connecting tube from a side wall with higher pressure into another side wall with lower pressure, respectively. As a result, [J][P] is the most adequate among the three. The Strouhal number calculated on the basis of [J][P] agrees well with experimental one.
内容記述中の[J][St]は斜体文字、[M][K][P]は下付き文字
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23220/023057020006.pdf

Number of accesses :  

Other information