紀要論文 社会福祉士実習におけるケアワークのあり方と利用者理解についての課題
シャカイ フクシシ ジッシュウ ニオケル ケア ワーク ノ アリカタ ト リヨウシャ リカイ ニツイテ ノ カダイ
Issues in social worker training regarding care work and understanding of the clients

塩田, 祥子  ,  シオタ, ショウコ  ,  Shiota, Shoko

(116)  , pp.105 - 122 , 2016-03-20 , 同志社大学社会学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク シャカイ ガッカイ , Alternative:The Association of Social Studies, Doshisha University
ISSN:02862840
NII書誌ID(NCID):AN00211207
内容記述
研究ノート(Note)
新カリキュラムが導入され,実習内容は,実習生に社会福祉士の業務や役割をみせることに重点が置かれた。そして,実習内容にケアワーク実践を組み込むことに否定的となった。そのことは,ケアワーク実践なしに,実習生が利用者と関わり,関係を築くことを求めている。しかし,実習生がどのように利用者と関わり,利用者の理解を深めていくのか,その方法は明確ではない。そのため,実習においては,ケアワークとの差別化に固執するのではなく,社会福祉士としての利用者理解の方法,視点について具体的に考える議論が必要である。そして,実習生が利用者との関わりを大切にする環境を整えていくことが求められる。それは,実習内容からケアワークを取り除くといった安易なことではなく,ソーシャルワーク,ケアワーク,それぞれの独自性を尊重することにつながる。
The content and practices of training in the new curriculum for social workers emphasizes teaching the trainees the duties and roles of certified social workers. It has turned away from the inclusion of hands-on practicum care work with the clients. Although the goal is to encourage trainees to interact and build relationships with their clients without having practiced care work. There are no clear standards or guidelines for approved methods for how to appropriately and effectively interact with clients or gain a better understanding of the clients. Hence, the training needs a discussion about the methods and perspectives by which certified social workers gain an understanding of the population that they serve rather than obstinately trying to differentiate it from care work. Moreover, the training environment should place great value on trainees’ interactions with clients to create respect for the unique features of both social work and care work, which does not simply mean the removal of care work from the training content.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23209/031001160006.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報