紀要論文 「男性稼ぎ主モデル」脱却に関する理論再考 : ジェンダー比較福祉国家研究の到達点と課題から
「ダンセイ カセギヌシ モデル」ダッキャク ニカンスル リロン サイコウ : ジェンダー ヒカク フクシ コッカ ケンキュウ ノ トウタツテン ト カダイ カラ
男性稼ぎ主モデル脱却に関する理論再考 : ジェンダー比較福祉国家研究の到達点と課題から
Theories of the male breadwinner model : reflecting on the gendered comparative welfare state literature

田中, 弘美  ,  タナカ, ヒロミ  ,  Tanaka, Hiromi

(116)  , pp.73 - 86 , 2016-03-20 , 同志社大学社会学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク シャカイ ガッカイ , Alternative:The Association of Social Studies, Doshisha University
ISSN:02862840
NII書誌ID(NCID):AN00211207
内容記述
論文(Article)
本稿の目的は、「男性稼ぎ主モデル」脱却に関する理論的知見を整理することである。1990年代の重要なジェンダー福祉国家研究を「規範論」「政策論」「動態論」の3つの視点から比較分析した結果,目指すべき規範的モデルに基づき政策分析を精緻化した「ジェンダー・ポリシー・レジーム」論が一つの到達点であることが明らかになった。しかしながら,「動態論」に関してはセインズベリの指摘する以外にも別の「経路」がある可能性を検討し,今後の研究展開の方向性を提示した。
This paper critically assesses the developments of theories on the shift away from the male breadwinner model, with a view to pursuing the normative alternative model and routes towards it. For this purpose, the paper compares the three most important literature that were published in the 1990s. As a result, it was found that Sainsbury's 'gender policy regime' successfully moved the policy analysis forward, based on a normative vision of the gender relationship. While this is identified as one of the most important achievements, remained future tasks lie in the detailed research of 'policy dynamism'.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23207/031001160004.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報