Departmental Bulletin Paper 中国の介護市場への日本介護事業者の進出に関する研究課題 : 進出に伴う問題の克服を中心として
チュウゴク ノ カイゴ シジョウ エノ ニホン カイゴ ジギョウシャ ノ シンシュツ ニカンスル ケンキュウ カダイ : シンシュツ ニ トモナウ モンダイ ノ コクフク オ チュウシン トシテ
A research task about the advancement of Japanese nursing enterpriser on China's nursing market : focusing on market entry issues

郭, 芳  ,  カク, ホウ  ,  Fang, Guo

(116)  , pp.1 - 14 , 2016-03-20 , 同志社大学社会学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク シャカイ ガッカイ , Alternative:The Association of Social Studies, Doshisha University
ISSN:02862840
NCID:AN00211207
Description
論文(Article)
本研究は,中国の介護市場に進出した日本介護事業者の進出現状と問題点を整理した上で,中国進出にあたっての問題は克服できるものかを考察し,今後の研究課題を明らかにした。考察の結果として,日本の介護事業者の進出問題を解決するため,日本介護事業者が中国で富裕層だけでなく中間所得者層までをターゲットにサービス展開ができるか否かを明らかにする研究と,日本式介護サービスの差別化のための研究という二つの研究課題は必要になってくることがわかった。
The purpose of this research is to make the future's research task clear. First, clean up the current status and problems of the Japanese nursing enterpriser which entered the Chinese nursing market. Then explore the problems which can be resolved when entering China. As a result, in order to resolve these problems it is necessary to complete the following two research topics. One is a study which makes it clear whether service development of a Japanese nursing enterpriser can target a middle income earners as well as the wealthy classes in China, and the second one is the study of the differentiation of Japanese-style nursing services.
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23204/031001160001.pdf

Number of accesses :  

Other information