Departmental Bulletin Paper 災害時の個人情報提供への同意・不同意を予測する要因 : 京都府精華町での質的・量的調査を通じて
サイガイジ ノ コジン ジョウホウ テイキョウ エノ ドウイ・フドウイ オ ヨソク スル ヨウイン : キョウトフ セイカチョウ デノ シツテキ・リョウテキ チョウサ オ ツウジテ
災害時の個人情報提供への同意不同意を予測する要因 : 京都府精華町での質的量的調査を通じて
Factors predict the agreement or disagreement of personal information provision in times of disaster : through questionnaire and workshop at Seika town in Kyoto

松川, 杏寧  ,  立木, 茂雄  ,  マツカワ, アンナ  ,  タツキ, シゲオ  ,  Matsukawa, Anna  ,  Tatsuki, Shigeo

(115)  , pp.1 - 26 , 2015-12-30 , 同志社大学社会学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク シャカイ ガッカイ , Alternative:The Association of Social Studies, Doshisha University
ISSN:02862840
NCID:AN00211207
Description
論文(Article)
本研究は、災害時要援護者を対象とした個別避難支援プログラムの策定のために、災害時の個人情報提供への同意・不同意の意思決定に影響を与える要因を探索することである。民生委員を対象としたワークショップから得られたキーワードをもとに質問紙を作成し、精華町の災害時要援護者情報システムに登録されている対象者を母集団とする計量調査を行った。結果、民生委員に対する信頼が非常に重要な要因であることが明らかになった。東日本大震災の経験を活かし、民生委員を中心に他機関で連携しつつ情報の収集と共有にあたることができるよう、各自治体がバランスを取りつつ条例や要綱を用いて対策を進めていくことが求められる。
This paper reveal what prescribes the agreement or disagreement to provide personal information at the time of disaster. In results, the reliance for community welfare commissioners is a very important factor to encourage the agreement to provide personal information. For that, conducted workshop to welfare commissioner and questionnaire research to people with special needs in times of disaster (PSND). From experience of the Great East Japan Earthquake, it has become clear there are still many subjects about evacuation support for In order to cope with this subject, it is necessary to encourage the agreement to provide personal information. In results, the confidence for community welfare commissioners would encourage the agreement to provide personal information.
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23201/031001150001.pdf

Number of accesses :  

Other information