紀要論文 山口素絢筆「百美人図」について : 関連作品との比較から
ヤマグチ ソケンヒツ「ヒャクビジンズ」ニツイテ : カンレン サクヒン トノ ヒカク カラ
山口素絢筆百美人図について : 関連作品との比較から
A study on Hyakubijin-zu by Yamaguchi Soken : comparisons with relevant works

家村, 祐香  ,  イエムラ, ユカ  ,  Iemura, Yuka

11 ( 1 )  , pp.86 - 76 , 2015-11-05 , 同志社大学文化情報学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ブンカ ジョウホウ ガッカイ
ISSN:18808603
NII書誌ID(NCID):AA12131759
内容記述
研究論文
山口素絢筆「百美人図」(同志社大学文化情報学部・文化情報学研究科所蔵)は、17~18世紀のさまざまな階級・職業の女性を描いた、全2巻・各15図からなる絵巻物である。本論文では、粉本である西川祐信筆「百人女郎品定」との比較から、「百美人図」各図の分析を行うとともに、素絢の美人画への姿勢を考察する。また、類似作品である素絢筆「粧美帖」にも触れ、「百美人図」の制作背景を考える。
The "Hyakubijin-zu" which belongs to Faculty of Culture and Information Science, Doshisha University is a handscroll which is composed of pictures in Volume 2 with 30 figures that Soken drew of many women who have the various social classes and occupations in the 17th and 18th centuries.This article will analyze every picture of the handscroll and consider about Soken's attitude to the Bijin-ga (beautiful person picture) by comparing with a work of "Hyakunin-joro-shinasadame" which was written by Nishikawa Sukenobu as funpon (painting examples).Furthermore, this article will also argue the "Shobi-jo" which resembles "Hyakubijin-zu" and the background of it.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23180/039000140008.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報