Departmental Bulletin Paper 浜詰遺跡発掘調査の聞き取り調査 : 岡田茂弘先生に聞く
ハマズメ イセキ ハックツ チョウサ ノ キキトリ チョウサ : オカダ シゲヒロ センセイ ニ キク

浜中, 邦弘  ,  大本, 朋弥  ,  ハマナカ, クニヒロ  ,  オオモト, トモヤ  ,  Hamanaka, Kunihiro  ,  Omoto, Tomoya

(18)  , pp.1 - 20 , 2015-10-30 , 同志社大学歴史資料館 , Transcription:ドウシシャ ダイガク レキシ シリョウカン , Alternative:Doshisha University Historical Museum
NCID:AA11310661
Description
調査・研究報告
浜詰遺跡は縄文時代後期の貝塚を伴った遺跡である。1958年に網野町教育委員会が主催し、同志社大学が現地を担当し調査を行った。その成果の概要はすでに公表されており、概ねその内容は把握できるが、当時調査に参加されていた岡田茂弘先生に当調査状況をさらに詳しくお聞きしたく、お話を聞かせていただいたものをテープおこしし文章としたもである。
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23087/037000180003.pdf

Number of accesses :  

Other information