Thesis or Dissertation 西鶴浮世草子の文章に関する数量的研究 : 遺稿集を中心とした著者の検討
サイカク ウキヨ ゾウシ ノ ブンショウ ニカンスル スウリョウテキ ケンキュウ : イコウシュウ オ チュウシン トシタ チョシャ ノ ケントウ

上阪, 彩香  ,  ウエサカ, アヤカ  ,  Uesaka, Ayaka

2016-03-22
NCID:BB22357425
Description
江戸時代の作家である井原西鶴(1642~1694)の浮世草子には、一部に偽作・補作があるのではないかという疑惑が残る等、未だ論争が繰り広げられている。それらのなかで解明すべき重要な課題として、西鶴没後に門下の北条団水(1663~1711)によって編集、出版された遺稿集5作品の著者に関する疑問がある。本研究では西鶴浮世草子24作品、団水浮世草子3作品、西鶴の役者評判記、浄瑠璃、地誌の4作品の計641,380語を用い、客観的に計量可能な情報を統計手法で分析することで、西鶴、団水の文章を比較検討し、遺稿集の著者問題について文章の数量分析の観点から解明を試みた。
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23045/k784.pdf

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23045/zk784.pdf

Number of accesses :  

Other information