Thesis or Dissertation Integrated studies on structure and formation mechanism of environmental consciousness in rural and urban China
中国農村部と都市部における環境意識の構造と形成のメカニズムに関する総合的研究
チュウゴク ノウソンブ ト トシブ ニオケル カンキョウ イシキ ノ コウゾウ ト ケイセイ ノ メカニズム ニカンスル ソウゴウテキ ケンキュウ

陳, 艶艶  ,  チン, エンエン  ,  Chen, Yanyan

2016-03-22
NCID:BB22357232
Description
中国における都市部と農村部異なる制度的・社会経済的背景により、独特な環境意識を生まれていると考えられる。本研究は、現地調査によりデータを収集し、統計分析を駆使したことにより、都市部と農村部における環境意識の特有の構造と形成メカニズムを解明することを目的とする。先行研究の成果を踏まえ、都市部と農村部の社会構造を考慮し、環境意識に関する総合的な理論モデルを提案し、環境意識の三つのディメンションに分けて展開する。理論的に検討することと実証的なデータの分析結果を基に、環境意識形成の内在因子と外部影響要因を明らかにした。
Long-time institutional and socioeconomic segmentations make rural China become a distinctive society from the urban China. The remarkable rural and urban division in China supplies us a good context to explore the formation and diverse social facets of environmental consciousness. This study aims to clarify the specific structure and formation mechanism of environmental consciousness under the different social backgrounds of rural and urban China based on the statistical results derived from survey data. Three dimensions of environmental consciousness and an integrated theoretical framework which involves both social structural and social psychological variables are proposed. Based on the proposed theoretical framework and examined data analyses, the inner causes and externally influencing factors of environmental consciousness were clarified.
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23044/k783.pdf

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23044/zk783.pdf

Number of accesses :  

Other information