学位論文 ファミリー・サポート・センター事業の現状と今後の展望

東根, ちよ  ,  ヒガシネ, チヨ  ,  Higashine, Chiyo

2016-03-21
内容記述
本稿は、「会員制」「有償ボランティア」による「支え合い」活動であるファミリー・サポート・センター事業が果たしてきた役割を振り返るとともに、今後の政策展開の方向性について考察している。そして、ファミリー・サポート・センター事業のマクロ、メゾ、ミクロの機能について検討を行った結果、政策当局により外発的に要請される便宜的な「ニーズ対応的」展開に流されることなく、方向性の焦点を「地域支え合い的」機能に向けていくべきであるというのが、本稿の結論である。
The thesis historically traces the functions of family support center activities, which are characterized as mutual support by stipended volunteering operated on a membership system, and discusses the future policy development.After examining micro, mezzo and macro functions of family support centers, it concludes that family support centers should not cater to expedient needs oriented development extrinsically urged by policy makers but they should direct their focus on mutual support functions in the community.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23032/k771.pdf

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23032/zk771.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報