学位論文 地域福祉の開発実践と基盤のマネジメント : 社会福祉協議会の実践研究から

藤井, 博志  ,  フジイ, ヒロシ  ,  Fujii, Hiroshi

2016-03-03
内容記述
本研究は地域福祉実践の体系化をめざす前段階の研究として、その実践の特性である「開発実践」の構造を明らかにすることを目的とした。研究方法は、一つの社会福祉協議会への長期にわたる参与観察を採用した。その観察の過程で、開発実践には地域福祉組織としてのマネジメントが不可欠であることが明らかになった。本研究はそれも地域福祉実践として重視する必要性を提案している。
This aim of this dissertation is aims to clarify fundamental components of developmental practices as a preliminary research to systematize community-based welfare practices. Long-term participatory observation at a social welfare council was the methodology applied is the long-term participatory observation at one social welfare council. As the result, The results reveal that the management as a community-based entity is inevitable to makeinevitably facilitates the implementation of developmental practices possible. From suchBased on the results, this dissertation proposes that the management to should be put conferred more importance onto asto effectively enact community-based welfare practices.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23010/k749.pdf

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23010/yk749.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報