紀要論文 「メキシコ移民ガイド」 : メキシコ政府は不法移民を推進したのか?
「メキシコ イミン ガイド」 : メキシコ セイフ ワ フホウ イミン オ スイシン シタノカ?
メキシコ移民ガイド : メキシコ政府は不法移民を推進したのか
"Manual for Mexican Migrants" : did the Mexican government encourage illegal immigrants?

柴田, 修子  ,  シバタ, ノブコ  ,  Shibata, Nobuko

46 ( 1 )  , pp.147 - 168 , 2016-05-30 , 同志社大学人文科学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン カガク ケンキュウショ , Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University
ISSN:04196759
NII書誌ID(NCID):AN00108933
内容記述
研究ノート(Note)
本稿の目的は、2004年12月にメキシコ外務省が発行した小冊子「メキシコ移民ガイド」について、その内容を再検討することにある。この小冊子は、米国の保守派を中心に大きな反発を引き起こした。現在はすでに発行されていないにもかかわらず、内容に関する検討がないまま、現在にいたるまで「メキシコ政府がわざと国民を不法に送り込んでいる」という批判の論拠に使われてきた。そこで本稿では、まず「メキシコ移民ガイド」には何が書かれているのかを確認する。そして米国でどのような反応があったのかを、移民反対派による法案作成を中心に見た後、それにメキシコがどう反応したのかを確認する。そして9.11同時多発テロ事件をはさんで、メキシコ-米国関係がどのように構築されていったかを時系列に追いながら、「メキシコ移民ガイド」が作成されることになった経緯を考察する。結論として国境付近の安全問題について二国間で連携しながら対策を協議するなかで、安全キャンペーンの一環としてガイドが作成されたことを明らかにする。また資料として、「メキシコ移民ガイド」の全訳を掲載する。
The purpose of this article is to consider the debate on "Manual for Mexican Migrants". This manual was published by Mexican Foreign Ministry on December, 2004 in order to inform those who try to cross over the border to the United States from Mexico illegally the danger they would have and advise about the life in U.S.A. This manual provoked strong criticism from american conservatives who were opposing to accept illegal immigrants, because it contained useful advices about how to cross over the border safely. The opponents to mexican immigration accused of the Mexican government saying that they were encouraging illegal immigrants. In this article, I examined how this manual was made. My conclusion is that this was the result of bilateral agreement.
特集 ラテンアメリカにおける国際労働移動の比較研究(Special issue: Comparative study of international labor migration in Latin America)
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22963/007001090007.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報