紀要論文 無線通信におけるガウス性相関情報に基づく秘密鍵共有の秘密鍵容量 : (その2)移動通信路モデル
ムセン ツウシン ニオケル ガウスセイ ソウカン ジョウホウ ニ モトズク ヒミツ カギ キョウユウ ノ ヒミツ カギ ヨウリョウ : (ソノ 2)イドウ ツウシンロ モデル
Secret key capacity of wireless key agreement based on correlated gaussian information source : part II: mobile communication channel model

笹岡, 秀一  ,  ササオカ, ヒデイチ  ,  Sasaoka, Hideichi

57 ( 1 )  , pp.47 - 56 , 2016-04-30 , 同志社大学ハリス理化学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ハリス リカガク ケンキュウジョ , Alternative:Harris Science Research Institute of Doshisha University
ISSN:21895937
NII書誌ID(NCID):AA12716107
内容記述
秘密鍵共有や秘密情報伝送などの電波伝搬特性に基づく情報セキュリティ技術が現在の無線通信分野で注目されている。共通情報からの秘密鍵共有に対して秘密鍵容量の一般式があるが、無線通信で一般的なガウス性の相関情報からの秘密鍵共有の特定した秘密鍵共有の理論式はない。本論文では、移動通信路モデルに対する秘密鍵容量の理論解析を取り扱っている。理論解析の結果、秘密鍵容量の上限が相互情報量で与えられること、上限と下限の式が信号対雑音電力比、盗聴者対正規者雑音電力比で表されることが分かった。また、盗聴者と正規者の雑音電力比が大きい場合、秘密鍵容量は正規局間の相互情報量で表されることが分かった。
Information security schemes based on radio propagation property such as secret key agreement and secret data transmission have attracted attention in the current wireless community. For the secret key agreement from common information, a general formula of the secret key capacity is given, but a specific formula of secret key capacity has not present for secret key agreement from Gaussian correlated information, which is typical case in wireless channels. This paper deals with the theoretical analysis on secret key capacity for the mobile communication channel model. The analysis result shows that the upper band of secret key capacity is given with conditional mutual information and that the formulas of upper and lower bands are expressed as functions of the signal-to-noise power ratio and the noise power ratio of eavesdropper to legitimate user. The analysis result also shows that secret key capacity can approximately be given by conditional mutual information in the case that noise power ratio of eavesdropper to legitimate user is large.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22949/023057010007.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報