紀要論文 鉛直方向に移動可能な照明を用いた知的照明システムの検証
エンチョク ホウコウ ニ イドウ カノウナ ショウメイ オ モチイタ チテキ ショウメイ システム ノ ケンショウ
Verification of an intelligent lighting system using the height-adjustable luminaires

外村, 篤紀  ,  三木, 光範  ,  川田, 直毅  ,  間, 博人  ,  トノムラ, アツキ  ,  ミキ, ミツノリ  ,  カワタ, ナオキ  ,  アイダ, ヒロト  ,  Tonomura, Atsuki  ,  Miki, Mitsunori  ,  Kawata, Naoki  ,  Aida, Hiroto

57 ( 1 )  , pp.18 - 25 , 2016-04-30 , 同志社大学ハリス理化学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ハリス リカガク ケンキュウジョ , Alternative:Harris Science Research Institute of Doshisha University
ISSN:21895937
NII書誌ID(NCID):AA12716107
内容記述
著者らはオフィスにおける執務者の快適性と照明における消費電力の削減を両立する知的照明システムの研究・開発を行っている.知的照明システムを実際のオフィスに導入した結果,各執務者に個別照度環境を提供することによって,執務快適性の向上と照明点灯による消費電力の削減を実現した.しかし,現在の知的照明システムでは,隣接する執務者の要求する照度に大きな差がある場合,要求される照度を物理的に実現できない場合がある.そこで本稿では,知的照明システムに,鉛直方向に移動可能な照明を用いることで,可動しない照明を用いた知的照明システムでは実現が容易でない要求照度を実現可能か検証する.
We study on an Intelligent Lighting System to realize individual illuminance for each person in the office. Currently, the Intelligent Lighting System is field-tested in real offices in Tokyo. However, the conventional Intelligent Lighting System may not be able to achieve individual illuminance under the situation that the difference of the target illuminances required by adjacent workers is large. Therefore, in this paper, by using height-adjustable luminaire, we investigate whether it is possible to achieve the target illuminances under such physical constraints.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22945/023057010003.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報