Departmental Bulletin Paper MIMOにおける時変化プリコーディングを用いた秘密情報伝送方式
MIMO ニオケル ジヘンカ プリコーディング オ モチイタ ヒミツ ジョウホウ デンソウ ホウシキ
マイモ ニ オケル ジヘンカ プリ コーディング オ モチイタ ヒミツ ジョウホウ デンソウ ホウシキ
Secret information transmission scheme in MIMO system using time-variant pre-coding

笹岡, 秀一  ,  瀧村, 拓馬  ,  岩井, 誠人  ,  ササオカ, ヒデイチ  ,  タキムラ, タクマ  ,  イワイ, ヒサト  ,  Sasaoka, Hideichi  ,  Takimura, Takuma  ,  Iwai, Hisato

57 ( 1 )  , pp.7 - 17 , 2016-04-30 , 同志社大学ハリス理化学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ハリス リカガク ケンキュウジョ , Alternative:Harris Science Research Institute of Doshisha University
ISSN:21895937
NCID:AA12716107
Description
最近、電波伝搬を用いた秘密鍵共有や秘密情報伝送などの物理層セキュリティ技術に関心が高まっている。著者らは、秘密伝送方式として信号分散と雑音付加を適用したMIMOシステムを提案している。しかし、この方式は独立成分分析を用いた盗聴者の攻撃に脆弱であった。本論文では、既提案方式を一般化し、時変化プリコーディングを用いた等価システムを導出した。また、本論文では、独立成分分析への対策として多値変調と受信アンテナ重みの更新を用いた改良方式を提案した。計算機シミュレーションの結果、提案方式が正規者間で十分なビット誤り率特性を有すること、盗聴者からの攻撃に対して十分な耐性を有することが明らかとなった。
Recently, physical layer security technology such as secret key agreement and secret information transmission using radio propagation attracts attention in wireless communications. The authors proposed a MIMO system which applied signal dispersion and noise addition method as a secret information transmission scheme. However, this scheme is weak for the attack of the eavesdropper using independent component analysis (ICA). This paper generalized the earlier proposed method and derived the equivalent system using time-variant precoding. This paper also proposed the improvement method using the multi-level modulation and the update of reception antenna weight as a measure for the attack using ICA. As a result of computer simulation, it become clear that the proposed scheme has a satisfactory performance of bit error rate between authorized users and that the proposed scheme has a sufficient tolerance for the attack from eavesdropper.
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22944/023057010002.pdf

Number of accesses :  

Other information