Departmental Bulletin Paper 日本人への護照交付の起点に関する考察
ニホンジン エノ ゴショウ コウフ ノ キテン ニカンスル コウサツ
The study of starting point of issuing huzhao to Japanese people

篠原, 由華  ,  シノハラ, ユカ  ,  Shinohara, Yuka

6pp.25 - 50 , 2016-03-31 , 同志社大学グローバル・スタディーズ学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク グローバル・スタディーズ ガッカイ , Alternative:The Association of Global Studies, Doshisha University
ISSN:21859396
NCID:AA12515874
Description
論文
本研究は、19世紀の中国において、日本人に対して交付された護照の起点を探るものである。当時外国人が中国大陸を遊歴する際には、護照の携帯が求められていた。護照は中国に駐在する母国の領事館と中国の地方官吏によって許可証明書として交付されていた。この制度は1858年の英清天津条約から始まる。そこで規定された内地遊歴、通商に関する制度は、その後多くの国に均霑され、様々な国からやってきた者たちに護照は交付された。
This research is a study to clarify when the Huzhao was first issued Japanese people in 19th century China. In the end of the Qing dynasty, foreigners who traveled in mainland China were required to always carry the Huzhao through journeys. This system started with the Tianjin Treaty in 1858. Later, the rule of traveling and commerce in this treaty was adopted by many countries, the Huzhao was issued to many people from many countries.
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22929/049000060004.pdf

Number of accesses :  

Other information